【実践】「空腹」こそ最強のクスリ をやってみての感想(ナッツで断食)

空腹こそ最強のクスリ Book
ShoHaru
ShoHaru

こんにちは!NBAシーズンが終わり少し落ち着いているShoHaru(@Kobeshima8)です。

今回はこちらの本をご紹介します。実践した感想もあります!

『「空腹」こそ最強のクスリ』青木厚

中田敦彦(あっちゃん)のYoutube大学でも紹介されて話題になった本です。

16時間断食というキーワードが興味をそそられます。

今回は、『「空腹」こそ最強のクスリ』の内容を紹介するのと、僕が「プチ断食」を実践してみた感想と結果をご紹介します。

👇この記事で書いてある内容

評価
この本を読んで得られること
この本を読むのにおすすめな人

要約と感想
まとめ

評価

3/5(☆☆

世の中には割と肯定的な意見が多いと感じますが、僕には「空腹」は身体に合わなかったです。

本の内容も文字での説明がほとんどで、証明するデータが表やグラフで提示されているのも僅かなので、少し本当かなぁと思いなら読んでいました。

ただ、あっちゃんのように体に合う人には有効なのでしょうし、一度食生活を見直すきっかけにもなるので、読んでみて損はないです。

得られること

・食べ過ぎは体にどんな影響があるのか
・食生活を見直すきっかけ

おすすめな人

・食生活が乱れている人
・日頃疲れが抜けない人
・ルカ・ドンチッチが好きな人(食生活の改善が好成績につながったから)

要約と実践した感想

要約

この本で言いたいことは次の3つです。

❶1日3食は食べ過ぎ

❷糖質の取り過ぎは病気の温床

空腹は最高のクスリ

1日3食は食べ過ぎ?

1日3食になったのは、江戸時代初期(1600年代)であり、比較的最近のことだそうです。

(資本主義が広まった現代の世界では、物を多く消費する1日3食が都合がよさそうですよね)

特にデスクワークが多くなり、1日のカロリー消費量が減っている現代においては、1日3食のカロリー摂取量は多すぎではないかと指摘されています。

更に、食事をしただけで疲れたり、だるくなったり、眠くなったりするのは、食べ過ぎが原因かもしれないとも述べています。

確かに、カロリーだけを考えると1日3食は食べ過ぎかもしれないなと思って16時間断食を実践してみました。

16時間断食を実践した結果

結論からお伝えすると、16時間断食は長くは続きませんでした。

空腹時の方が集中力の高まりを感じる等メリットもありますが、あるタイミングでは頭がぼーっとしてしまったり、空腹感が強すぎて胃が痛く感じることもありました。

そして、空腹時に食べてよいとされるナッツ類ですが、正直食べ続けることはできないなと感じました。

1ヶ月のうち、無理なくできる日に16時間断食をやってみましたが、体に合わなかったようです。
(ただ空腹に耐えられなかっただけ)

食べ過ぎなければ、1日3食を変える必要はないという結論になりました。

『空腹は最強のクスリ』にも書いてありますが、「体の声を聞くことが真の健康への第一歩」とあります。

この声に従った僕の結論です。

まとめ

人には個性があります。

それは体についても同じです。

合う合わないがあるということです。

ただし、16時間断食をやってみないと分からないこともありました。

それは、僕には1日3食が合っているということです。

1日3食は当たり前かもしれませんが、分かってやっていることと、慣習で何も分からずにやっていることでは意味合いが違います。

是非、『空腹は最強のクスリ』を読んで、自分の健康と体を考えるきっかけにしていきましょう!

shoharuのTwitterフォロー,Facebookの友達申請お願いします!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました